地域の経済 2005
−高付加価値化を模索する地域経済−
平成17年10月
内 閣 府 政 策 統 括 官 室
(経済財政分析担当)

年次リスト

目  次

「地域の経済2005」の公表にあたって

「地域の経済2005」で用いた地域区分

第1章 高付加価値化を模索する地域経済

 第1節 地域における人口減少と少子高齢化
   1.人口減少と少子高齢化の現状
   2.構造変化の進む地域経済

 第2節 活性化のための具体策

   1.産業基盤投資・工場誘致による地域経済の活性化
   2.高付加価値型産業への転換
     (1) 地域経済とサービス業
     (2) 地域ブランドの確立による地域経済の活性化
     (3) 地域発のコンテンツ産業の可能性
   <コラム1> 世界遺産の観光客数


第2章 踊り場を経て再び緩やかに回復する地域経済

   1.概況−踊り場を経て再び緩やかな回復へ−
   2.景気の踊り場をもたらした2つの要因
   3.緩やかな景気回復の背景にあるもの
   4.未だに残る地域間・地域内のばらつき
   5.地域経済の今後の見通し
   <コラム2> 判断の理由別にみる景気ウォッチャー調査
   <コラム3> 2大プロジェクト後の東海地域
   <コラム4> 公共投資と建設市場の動向

おわりに

    地域の経済2005 表紙

(表紙の写真提供)
  北海道知事政策部、青森県環境生活部自然保護課、沖縄県観光商工部観光企画課、
  夕張市総務部企画広報課、岐阜県白川村産業課将校観光係、
  いしかわブランド食材マーケティング推進協議会、和歌山県世界遺産協議会、
  社団法人香川県観光協会、大分県漁業協同組合佐賀関支店

【補論】地域景況インデックスの改訂

参考 主要経済指標の対全国シェア、産業別構成比の推移

  北海道  東北  北関東  南関東  東海  北陸  近畿  中国  四国  九州  沖縄

参考文献等

図表目次


内閣府ホームページへ

内閣府白書一覧へ