脚注8

取りまとめでは、1賃金上昇に向けた取組、2中小企業・小規模事業者に関する取組、3非正規雇用労働者のキャリアアップ・処遇改善に向けた取組、4生産性の向上と人材の育成に向けた取組、という4点について、政労使が共通認識を持つとともに、それぞれが具体的な取組を進めることを確認した。