(20)90年から2000年の間に、雇用者報酬が約19%、社会給付受取が約47%増加する中、財産所得は約61%減少していることを主因に、雇用者報酬の増加は約14%に止まっている。