(18)99年に実施されたスキームで、15歳以下の児童が属する世帯の世帯主(児童1人につき2万円)、老齢福祉年金の受給者等(1人2万円)を対象に、総額7,000億円分程度が支給された。