(27) 89年の中小企業庁の調査では、中小企業の約3分の1が「コストの安い労働力が得られる」を目的として外国人労働者を活用したという結果となっている。(90年中小企業白書)