(8) 詳しくは、内閣府(2005)、加藤・藤原・藤本(2003)、内閣府(2001)等を参照。