(7)ドイツについては、産業別に広く時短協約が存在することが知られており、政府もこうしたワークシェアリングの試みを短時間勤務手当によって支援している。こうした制度的要因が景気後退初期の雇用者維持に影響しているものと考えられる。