(52) 単にCIOの設置の有無だけでなく、CIOの質について考慮するため、IT投資評価の実施有無とのクロスダミー変数を用いている。企業のIT活用の効果は、IT投資評価基準に基づき、売上高増加や費用削減といったITシステムの導入効果が会計指標や生産性指標を用いて定量的に把握されるとともに顧客満足度の向上といった定性的効果もユーザー満足度という形で数値化されて評価される。ここでは、IT投資評価基準の目的にも照らし、同基準を基にIT投資評価を実施している企業のCIOは経営戦略とIT戦略が合致しているかを確認している質の高いCIOと仮定している。