平成17年7月15日公表の平成17年度年次経済財政報告(平成17年版経済財政白書(国立印刷局))につき、8月2日時点までに一部不正確な記述等があったことがわかったため、以下のとおり訂正いたします。なお、本ホームページには修正後の内容を掲載しております。


箇所
第3章
第3-2-12図(2)
(229ページ)
平均在院日数
1990年 
アメリカ6.6、英国8.1、日本37.5、フランス13.5、イタリア7.6
2002年 
アメリカ9.1、英国15.7、日本50.5、フランス15.1、イタリア11.7

平均在院日数
1990年 
アメリカ9.1、英国15.7、日本50.5、フランス15.1、イタリア11.7 
2002年 
アメリカ6.6、英国8.1、日本37.5、フランス13.5、イタリア7.6

第3章第3節の1
252ページ9行目
第3章ポイント
(194ページ)

特に、2009年にかけての2年間で賃金総額が2.6%程度減少する…

…、企業の人件費は2009年にかけての2年間で2.6%程度減少
特に、2009年にかけて賃金総額が2.6%程度減少する…

…、企業の人件費は2009年にかけて2.6%程度減少




もどる