(13) なお、2002年度は不良債権処理が進展した時期でもある。にもかかわらず、非自発的離職者が増加しなかった理由については、第2章で詳しく論じる。