内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  安倍内閣の経済財政政策

安倍内閣の経済財政政策

安倍内閣は、長引くデフレからの早期脱却と日本経済の再生のため、「大胆な金融政策」、「機動的な財政政策」、「民間投資を喚起する成長戦略」を「三本の矢」として、一体的に取り組んでいます。

アベノミクスの「三本の矢」

第一の矢 大胆な金融政策
  • 企業・家計に定着したデフレマインドを払拭
  • 日本銀行は、経済・物価情勢を踏まえつつ、2%の物価安定目標を実現

第二の矢 機動的な財政政策
  • デフレ脱却をよりスムーズに実現するため、有効需要を創出
  • 持続的成長に貢献する分野に重点を置き、成長戦略へ橋渡し

第三の矢 民間投資を喚起する成長戦略
  • 民間需要を持続的に生み出し、経済を力強い成長軌道に乗せていく
  • 投資によって生産性を高め、雇用や報酬という果実を広く国民生活に浸透させる

経済財政運営と改革の基本方針2014 ~デフレから好循環拡大へ~

平成26年6月24日、「経済財政運営と改革の基本方針2014~デフレから好循環拡大へ~」(いわゆる骨太方針)を閣議決定しました。日本経済の再生を図るべく、安倍内閣が取り組むべき今後の経済財政運営の方針を示したものです。

安倍内閣の経済財政政策の成果

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)