第1−3−10図 国債発行額の推移と金利上昇の影響