(40) 詳しくは吉田和男(1996)を参照。