(6) 詳しくは、井出正介(2005)を参照。