(16) 内閣府「日本経済2004」では、1985〜2004年の推計では単位労働コストと物価の相関関係は有意であったものの、1995〜2004年では有意でなくなったことを指摘している。