景気ウォッチャー調査

平成21年7月調査結果(抜粋)


今月の動き(7月)

 7月の現状判断DIは、前月比0.2ポイント上昇の42.4となり、7か月連続で上昇した。
 家計動向関連DIは、グリーン家電の購入に係るエコポイント付与、環境対応車の購入に係る減税・補助により、一部商品の販売増が続いたものの、梅雨明けの遅れ、中国・九州北部豪雨の発生により、夏物商品の売行きが不調であったこと等により、低下した。企業動向関連DIは、同業他社との価格競争が厳しいものの、受注や出荷が持ち直しつつあること等から、上昇した。雇用関連DIは、新規求人数は依然少ないものの、一部での求人の動き等から、上昇した。
 7月の先行き判断DIは、前月比0.7ポイント低下の44.9となった。
 先行き判断DIは、受注や出荷の増加への期待、離職者の急増に対する懸念の後退等により、企業部門と雇用部門では上昇したものの、冷夏や秋以降の新型インフルエンザ流行に対する不安、総選挙の影響に対する不透明感等により、家計部門では低下したことから、全体として低下した。
 景気ウォッチャーによる判断を総合すると、景気の現状は、厳しいながらも、下げ止まっているとのことであった。
 

全国の動向

1.景気の現状判断DI

 3か月前と比較しての景気の現状に対する判断DIは、42.4となった。家計動向関連のDIが低下したものの、企業動向関連、雇用関連のDIが上昇したことから、前月を0.2ポイント上回り、7か月連続の上昇となった。また、横ばいを示す50を28か月連続で下回った。


図表1 景気の現状判断DI


景気の現状判断DI(表)


図表2 構成比

構成比


景気の現状判断DI(グラフ)




2.景気の先行き判断DI

2〜3か月先の景気の先行きに対する判断DIは、44.9となった。企業動向関連、雇用関連のDIが上昇したものの、家計動向関連のDIが低下したことから、前月を0.7ポイント下回り、7か月ぶりの低下となった。また、横ばいを示す50を26か月連続で下回った。 

図表4 景気の先行き判断DI

景気の先行き判断DI


図表5 構成比

構成比


景気の先行き判断DI