ユーロ圏の域外輸出において、ロシア、中・東欧(定義は第1章第4節5.輸出の回復の持続性に同じ)向けの 輸出はシェアを高めており、08年のシェアは合計で20%と対アメリカ向け輸出の12%を上回っている。