34 Annett (2006)及びOECD(2006b)も、97年の安定成長協定締結以降に景気循環増幅的な運営が行われる傾向が強まったとしている。