内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  藤岡内閣府審議官記者会見要旨  >  藤岡内閣府審議官記者会見要旨 平成21年7月13日

藤岡内閣府審議官記者会見要旨 平成21年7月13日

(平成21年7月13日(月)
15:00~15:06
 於:記者会見室)

1.発言要旨

今週もよろしくお願いいたします。

まず、お手元に資料をお配りしているわけですが、大臣の方から御指示ございました。今、株式会社企業再生支援機構の設立準備を進めているところでございますが、このたび、同機構の代表取締役社長、いわゆるCEOでございますが、西澤宏繁氏、日本商工会議所特別顧問・税制委員長を内定いたしましたので、発表を申し上げます。西澤氏の略歴等は、別紙におつけしているとおりでございます。

正式の選任でございますが、同機構設立に伴う主務大臣による認可によって効力が生じることとなります。
申し上げるまでもなく、この機構でございますが、9月中の設立に向けて、現在、諸規定の整備、他の人選等、諸般の準備を進めているところということでございます。まさに、今後、代表取締役社長と御相談しながら進めさせていただくということでございます。

私のほうからは、今日は以上でございます。特にほかにはございません。

2.質疑応答

(問)今発表いただきました企業再生支援機構の人事なんですけれども、選ばれた決め手みたいなものとかは何かあったんでしょうか。
(答)大臣のほうからお伺いしておりますのは、まさに西澤氏御本人でございますが、地域の中堅・中小企業を巡る問題の解決や体質強化に、今まで経験的に、体質強化に精力的に取り組まれた実績ありということでございます。
また、地域金融の実情にも詳しいということ。また、何より今のお仕事もあるわけですが、金融産業界に幅広い幅広いネットワーク、基本的には地域再生といいますか、地域の企業を再生するということでございますので、いろいろな方々の御支援、御協力をいただかなければいけないということでございます。
そういう意味で最適であると。お人柄等、私も本日お会いいたしましたけれども、非常に御立派な方というふうにお見受けいたしました。それ以上のことは、私どものほうでは承知してございません。
(問)話は変わりまして、先ほど総理が解散総選挙の日程を決断されたというニュースが飛び込んできまして、21日解散で、来月30日投開票というスケジュールみたいですけれども、その間、一定の政治空白みたいなものが生じる可能性があるわけですけれども、経済財政運営に与える影響みたいなものをどういうふうに考えていらっしゃるでしょうか。
(答)この点につきましては、先週、大臣も経済財政諮問会議の民間議員ともお話をされておられまして、今、我が国の経済は非常に微妙な段階にあるという認識で、関係者の皆様方一致して、私ども事務方としても全く同じでございます。
外需、海外の情勢、それから国内の情勢、非常にそれぞれ今回、各般の対策を打ったわけでございますけれども、その内容につきましても、今後しっかりそのチェックをするといいますか、またあわせて走りながら考えていかなければならない。雇用面でありますとか、また地域の問題はもとより、まさに成長への問題といったところがあります。そういうところで、非常に微妙な段階にあるので、注意して見ていかなければいけないという話でございました。
そういうことでございますので、我々事務方といたしましても、いかなる事態になりましょうが、こういう経済の側面につきましては、常にウォッチしていくと。そして、必要な対応については、まさにどんな事態に至ろうとも対応していけるようなことで対処するというふうに考えております。
(問)あと、株価なんですけれども、つい3分前で見たところで、前日比200円以上の大幅な下落になっていると。これで9営業日連続の下げということになりますけれども、ここに来て、非常に急激なこの株価の下落というのは、どういうふうにごらんになっていますか。
(答)株価につきましては、その前の段階で、一時期の非常に悪い状況から急速に値段が戻ってきたという状況がございます。また、その後、7月に入りまして、まさにおっしゃったような展開になっておるわけで、この株価、これは内外の情勢を受けまして、また、当然のことながら非常にボラタイルな状況、経済の状況自体が、世界の経済情勢はもとより、先ほど申し上げましたように、我が国の経済情勢ががはっきりとした局面に出て足を置いているわけではありませんので、そういう意味で、株価については、ここしばらくボラタイル、非常に変動する局面があるのではないかというふうに見てございます。
(問)西澤さんの御出身地はどこなんでしょうか。
(答)生まれは東京で、滋賀のほうで過ごされたというお話ですけれども、高校まで滋賀県のほうにいらっしゃいます。
(問)滋賀県の御出身ということですか。
(答)いや、出身は東京出身ですね。
(問)この機構の西澤さんは、代表取締役(CEO)となっているんですが、これ以外に、例えばCOOとか、その他の役員は大体何人ぐらいというのは固まっているんでしょうか。
(答)いえ、その点は、まだ大臣のほうから指示をいただいてございません。
(問)CEOがいるということは、COOも別にこれから決まるというふうに考えてよろしいんでしょうか。
(答)おっしゃるとおりです。COO、それから基本的には委員長あたりが基本的な重役の構成だというふうに思っておりますが、もっとふえるかもしれません。
(問)COOも民間人ということで人選をする……
(答)事務的にはそういうふうに承知してございます。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)