内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  浜野内閣府審議官記者会見要旨  >  浜野内閣府審議官記者会見要旨 平成20年5月12日

浜野内閣府審議官記者会見要旨 平成20年5月12日

(平成20年5月12日(月)
15:02~15:06
 於:記者会見室)

1.発言要旨

今週は、14日水曜日の夕刻に、経済財政諮問会議を開催する予定です。議題は、若林農林水産大臣をお招きして、農業改革についてです。その他についてはまだ決まっておりません。
 私からは以上です。

2.質疑応答

(問)先ほど公表の景気ウォッチャー調査で、また悪くなったと。食料品の値上げがかなり心理的に効いているという報告もあったようですが、こういったものが消費にどういう影響を与えるか、どう分析しておられるかお願いします。
(答)景気ウォッチャー調査は、ずっとこのところ下がってきておりまして、前回少し戻したということでした。前回も、中位のところの「変わらない」とか「やや良くなっている」といったところが少し増えたということで、めざましく良くなっているということではなかった訳ですが、今回はまた下がったということでありました。
 調査に寄せられたコメントを読んでみますと、全体的に大きく良くなるとか、逆にすごく悪くなるという感じもない訳ですが、そういう意味で消費は概ね横ばい、あるいは景気は踊り場にあるという数字かなと受け止めております。4月にガソリン価格の変動などいろいろなことがありましたが、全体として横ばいの範囲の中にあり、動きがない展開かなとコメントを見て感じました。
(問)諮問会議の次回のテーマは農業改革ですが、どんな切り口になるでしょうか。
(答)これは、やはり地域の問題、産業の問題、それから消費者重視という内閣の方針からすると、国内のおいしい農産品を食べていただけるようにするという意味で非常に重要だという認識で、これまでも議論してきております。「骨太」に向けて今の時期にこれまでの議論を踏まえて、また農林水産大臣に来ていただいてお願いすることもあると思います。そういう意味で、民間議員からご提案いただくということでございます。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)