内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  浜野内閣府審議官記者会見要旨  >  浜野内閣府審議官記者会見要旨 平成19年11月26日

浜野内閣府審議官記者会見要旨 平成19年11月26日

(平成19年11月26日(月)
15:00~15:04
 於:記者会見室)

1.発言要旨

今週は、本日5時半から経済財政諮問会議を開催いたします。
 議題は、まず冬柴大臣をお招きして公共投資改革について、次に平成20年度予算編成の基本方針の原案について、それから政策評価について議論するということでございます。
 私からは以上です。

2.質疑応答

(問)政策評価とは、もう少し具体的にはどういうことなのでしょうか。
(答)これは、今年の「基本方針2007」に政策評価の機能を高めるという箇所がございまして、そこで経済財政諮問会議と総務省、各府省の政策評価についての連携を強化するということが決められております。総務大臣が毎年末に諮問会議に、政策評価の重要な分野の選定について意見を述べるとなっておりまして、それに対して諮問会議が重要な対象分野を提示して、総務大臣がその評価の実施を推進していくとなっております。 19年末からこの方法でやっていくと書かれておりますので、それを実施に移すということです。
(問)先ほど発表されましたGDPギャップですが、この評価を教えていただければと。
(答)これは、7-9月期の一次QEを踏まえて推計をいたしまして、プラス0.4%ということでありました。ここのところずっとプラスで推移しておりまして、基調として改善傾向にあるということではないかと思います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)