内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  浜野内閣府審議官記者会見要旨  >  浜野内閣府審議官記者会見要旨 平成18年12月25日

浜野内閣府審議官記者会見要旨 平成18年12月25日

(平成18年12月25日(月)
15:01~15:04
 於:記者会見室)

1.発言要旨

今週は、明日26日に経済財政諮問会議を予定しております。新しい中期方針について審議を行います。それから、例年のことですけれども、平成19年度予算の政府案が固まりましたので、財務大臣から御報告があるかと思います。
 私からは以上です。

2.質疑応答

(問)諮問会議の関係ですけれども、今日資産債務改革の実行等に関する専門調査会が開かれて、28日にグローバル化改革専門調査会が開かれると思うのですけれども、年末のこの時期に開催する意味と、今後どう動かしていくかについてお願いします。
(答)これは、順次諮問会議で専門調査会を作ることを決めていただき、人選をして審議をスタートするということであります。お忙しい先生方が多いということもありまして、年末になりましたけれども、会議が開催できる運びになりました。たまたま今週2つ開催ということになって、ちょっと御迷惑を掛けているかもしれませんが、いずれにしましても最初の会合で、これからの専門調査会の進め方を議論していただきます。終了後会長からもブリーフがあると伺っておりますので、順次、それをお聞きいただければいいかと思います。
(問)残りの労働ビッグバンの専門調査会の方は、何か目途はあるのでしょうか。
(答)これは、先般民間議員からも審議事項の紙が出ております。こちらの方も準備をしておりますので、出来次第開催するということですが、詳細はまだ決まっておりません。
 今年の記者会見は、今回で最後だそうでございます。大変お世話になりましてありがとうございました。
 また来年も、よろしくお願いします。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)