内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  浜野内閣府審議官記者会見要旨  >  浜野内閣府審議官記者会見要旨 平成18年11月27日

浜野内閣府審議官記者会見要旨 平成18年11月27日

(平成18年11月27日(月)
15:02~15:05
 於:記者会見室)

1.発言要旨

今週は30日に経済財政諮問会議を開催する予定で、今準備をしております。予算編成の基本方針については、これから与党の審査のプロセスがありますので、その上で次回30日に諮問・答申をいただく方向で準備をしております。
 私から以上でございます。

2.質疑応答

(問)その関係ですけれども、閣議決定は30日になりそうでしょうか。
(答)そこまではまだ決めきれておりませんけれども、諮問・答申をいただきましたら、可及的速やかに閣議決定をしていただきたいと思っています。
(問)30日の諮問会議では予算編成の基本方針のほかに、労働分野を取り上げることになると思うのですけれども、どのようなテーマになるのか、中身のポイントを教えてください。
(答)まだ今のところ詳細は決まっておりませんけれども、最初に民間議員から7大重点改革分野の検討課題が出た時に、労働市場改革がその中にございましたけれども、大臣も先般、確か先週金曜日の閣議後記者会見でこれについて議論をしたいと仰っていましたので、今準備をしております。
 どのような議論の中身になるかは今のところはわかりません。
(問)臨時議員はどなたとどなたになるんでしょうか。
(答)まだ調整中ですが、当然、厚生労働大臣など関係大臣が考えられると思います。ただ、どこまで議論が及ぶかによりますし、例えば民間議員が最初の御提案の紙では労働市場の包括的な改革とか人材育成、再チャレンジなどいろいろなことがこの改革の中で書かれています。どのような議論をされようとするかによって、臨時議員も決まると思いますので、まだ調整しております。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)