内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  浜野内閣府審議官記者会見要旨  >  浜野内閣府審議官記者会見要旨 平成18年10月30日

浜野内閣府審議官記者会見要旨 平成18年10月30日

(平成18年10月30日(月)
15:01~15:04
 於:記者会見室)

1.発言要旨

今日は私の方から特に申し上げることはありませんけれども、何かございましたらどうぞ。

2.質疑応答

(問)諮問会議の次回の日取りの見通しとテーマについて、ある程度固まってきたものがあればお伺いします。
(答)金曜日に大臣が記者会見で申し上げた時と状況は変わっておりません。11月末の予算編成の基本方針、それからその後の中期方針の策定が迫っておりますので、私どもとしてはなるべく早期にやっていただきたいと思っておりますけれども、具体的な日程等はまだ決まっておりません。
(問)今日、鉱工業指数が発表になりましたけれども、これまでの景気の流れからみて、どのような解釈をしていらっしゃいますか。
(答)最近、鉱工業指数も月々の振れが随分大きいと思いますけれども、7-9月期を均してみると、前期比1.0%増だったと思います。8月の大幅増の後、9月は若干減少になりましたけれども、1-3、4-6、7-9月期と見ておりますと、基調として比較的良い数字といいますか、緩やかな増加が続いていると見ております。最近は予測指数が現実の数字と随分違っていますので、10月の数字をまた見て判断したいと思いますけれども、今日発表の生産の数字を見る限りにおいては、これまでの判断とそれほど差はなく、想定の範囲内ではないかなと感じています。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)