[目次]

第4章 ITの普及と家族

インターネットの利用者

インターネットはどのような人が利用しているのだろうか。

世帯普及率が10%に満たなかった4年以上前から利用している人は、性別では男性(67%)、年齢では20〜40代(77%)、職業では勤め人(69%)、居住地では関東・近畿圏在住者(69%)で多かった(第4−5図)。この背景には、普及当初、インターネットは家庭よりも企業等で導入が進んだことがあると考えられる。

近年では、通信料金の値下げ、サービス・接続手段の多様化等により、家庭での普及が進み、今まで利用していなかった女性、10代や50代以上、主婦、関東・近畿圏以外在住者といった層でも利用者が増えてきている。インターネット利用者は、広く一般に拡大してきているといえる。

 
第4-5図 インターネットの利用者層が拡大

第4-5図 インターネットの利用者層が拡大

 

テキスト形式のファイルはこちら


[目次]

前の項目に戻る     次の項目に進む