[目次]

第3章 次代を担う子どもと家族

第3章 次代を担う子どもと家族

家族や地域の子育て機能が変化する中で、近年育児に自信を持てない親や身近に子育ての悩みを相談する相手が見つからない親が増えている。また、仕事と子育てを両立するために、保育サービスを拡充し働き方を弾力化することが必要である。これまで家族や地域によって支えられてきた子育てを、これからは社会で支援していくことが求められている。

本章では、保育サービスの拡充のための具体的方策と、家庭で行う保育も含めたすべての子どもの子育て環境、さらには育児中の就業者への支援の状況について検討する。

加えて近年、学校における授業時間の減少や教育費が高まる中で、個々の家族の経済力や教育への関心が、子どもの学習に及ぼす影響が大きくなっていることが指摘されている。このような観点から子どもの学習を巡る状況についても考察する。

 

テキスト形式のファイルはこちら


[目次]

前の項目に戻る     次の項目に進む