[目次]

第2章 家族の働き方の現状と課題

求められる就業スタイルの柔軟化と育児等の外部サービスの充実

これまで、妻の就業可能性について、おもに夫の就業時間や社会的な保育の観点からみてきた。そこには、育児等の家庭内労働と就業選択可能性の問題が典型的に現れてきているが、これは、本質的には、妻だけの、また育児との関係だけの問題ではない。小世帯化が進行する中で、家庭と就業を両立しなければならない者は男女を問わず増えていくと考えられる。

こうした中で、これまでのフルタイム就業者の働き方に特徴的であった、長期的に安定した雇用が保障される状況に変化がみられ、就業者にとっては、自らの選択で職業能力を身につけ、就業のスタイルをその時々の家族の状況にも応じて選択していく必要性が高まっている。さらに、これと併せて、育児のみならず家庭内労働全般について、外部化や省力化の選択肢を増やしていく必要がある。特に、単身世帯の増加や高齢化の進展等の中で、家事支援や介護に関するニーズが増加している。

誰もが状況に応じて自由に働き方を選択できるためには、就業スタイルの柔軟化と、家庭内労働の外部化・省力化の選択肢を拡大していくことが重要であるといえよう。

 

テキスト形式のファイルはこちら


[目次]

前の項目に戻る     次の項目に進む