[目次]

第1章 家族を巡る潮流変化

再婚の状況

離婚件数が増加している中で、再婚件数も増加してきている。

70年と比較すると、99年では男女ともにすべての年齢で再婚件数が増えており、95年では、離婚した男性の76%、女性の64%が再婚している(第1−24図)。

厚生労働省「人口動態統計」により、離婚してから再婚するまでの期間をみると、3年未満に再婚している人の割合は低下傾向にあり、5年以上経過している人の割合が高まってきている。この傾向は特に男性において顕著であり、再婚までの経過期間の長期化は、子どものことや家事のことといった、先にみた離婚によって生じる悩みが長期化することにも結びついている場合もあると考えられる。

 

第1-24図 離婚した人の再婚割合の推移

第1-24図 離婚した人の再婚割合の推移

 

テキスト形式のファイルはこちら


[目次]

前の項目に戻る     次の項目に進む