[目次]

第1章 家族を巡る潮流変化

第1章 家族を巡る潮流変化

家族の機能には、大きく分けて、1)生活の糧を得る機能、2)子どもを生み育てる機能、3)老親等の介護や扶養をする機能、4)休息・やすらぎを得る機能の4つがあるといわれている。そして、少子高齢化の進展や就業構造の変化が著しい現在においては、その内容も大きく変化していると考えられる。本章では、この4つの機能に着目して、家族において近年特に変化が大きいと考えられる点について概観する。

 

テキスト形式のファイルはこちら

[目次]

前の項目に戻る     次の項目に進む