内閣府経済財政政策>国民生活モニター調査
国民生活モニター調査
お知らせ
21. 7. 28
21. 6. 2


21. 2. 25


20. 10. 1

20. 6. 26

20. 4. 16

20. 2. 19


「食品表示等に関する意識調査」を掲載しました。
「第1部 景気変動などに関する国民の意識・行動調査/第2部 リスクコミュニケーションに関する意識・行動調査」を掲載しました。
「第1部 環境に配慮した日常生活に関する国民の意識・行動調査/第2部 消費行動に関する意識・行動調査」を掲載しました。
「原油高騰等による価格の変化に伴う消費者の意識調査」を掲載しました。
「消費市場の意識と消費者行政一元化について」を掲載しました。
「原油価格等の高騰が生活関連物資の価格等に与える影響に関する調査」を掲載しました。
「原油価格等の高騰が生活関連物資の価格等に与える影響に関する調査」を掲載しました。
これまでの調査結果
□食品表示等に関する意識調査(本文(PDF形式・472KB)参考(PDF形式・257KB)
公表日:平成21年7月28日 調査期間:平成21年3月
□第1部 景気変動などに関する国民の意識・行動調査/第2部 リスクコミュニケーションに関する意識・行動調査(PDF形式・285KB)
公表日:平成21年6月2日 調査期間:平成21年2〜3月
□第1部 環境に配慮した日常生活に関する国民の意識・行動調査/第2部 消費行動に関する意識・行動調査(PDF形式・576KB)
公表日:平成21年2月25日 調査期間:平成20年10〜11月
□原油高騰等による価格の変化に伴う消費者の意識調査(PDF形式・389KB)
公表日:平成20年10月1日 調査期間:平成20年8月
□消費市場の意識と消費者行政一元化について(PDF形式・298KB)
公表日:平成20年6月25日 調査期間:平成20年2月
□原油価格等の高騰が生活関連物資の価格等に与える影響に関する調査(PDF形式・305KB)
公表日:平成20年4月15日 調査期間:平成20年2月、3月
□原油価格等の高騰が生活関連物資の価格等に与える影響に関する調査(PDF形式・227KB)
公表日:平成20年2月19日 調査期間:平成20年1月
□環境に配慮した日常生活に関する国民の意識・行動調査(PDF形式・475KB)
公表日:平成19年12月18日 調査期間:平成19年11月
□家族のつながりに関する調査(PDF形式・195KB)
公表日:平成19年8月24日 調査期間:平成19年3月
□町内会・自治会等の地域のつながりに関する調査(PDF形式・304KB)
公表日:平成19年8月24日 調査期間:平成19年1月
□環境に配慮した日常生活に関する国民の意識・行動調査(PDF形式・370KB)
公表日:平成18年12月19日 調査期間:平成18年11月
□携帯電話および携帯電話を利用した取引に関する消費者の意識調査(PDF形式・82KB)
公表日:平成18年7月5日 調査期間:平成18年3月
□寒波・雪害に伴う生活関連品目の価格動向等調査(PDF形式・221KB)
公表日:平成18年2月16日 調査期間:平成18年1月
□省資源・省エネルギーに対する意識・行動調査(PDF形式・406KB)
公表日:平成17年12月8日 調査期間:平成17年11月
□環境問題に対する意識調査(PDF形式・226KB)
公表日:平成17年2月24日 調査期間:平成16年12月
□省資源・省エネルギーと国民生活に関する意識調査(PDF形式・240KB)
公表日:平成17年2月24日 調査期間:平成16年11月
□台風・地震被害及び原油価格上昇などに伴う生活関連品目の価格動向等調査(PDF形式)
公表日:平成16年12月13日 調査期間:平成16年11月
□第3次石油関連製品の価格動向等調査(PDF形式)
公表日:平成15年6月25日 調査期間:平成15年5〜6月
□第2次石油関連製品の価格動向等調査・確報版(PDF形式)
公表日:平成15年5月23日 調査期間:平成15年4〜5月
□第2次石油関連製品の価格動向等調査・速報版(PDF形式)
公表日:平成15年5月16日 調査期間:平成15年4〜5月
□石油関連製品の価格動向等調査・確報版(PDF形式)
公表日:平成15年4月18日 調査期間:平成15年3月
□石油関連製品の価格動向等調査・速報版(PDF形式)
公表日:平成15年4月9日 調査期間:平成15年3月
□新たな消費者政策の在り方に関する意識調査 (PDF形式)
公表日:平成15年3月27日 調査期間:平成14年12月
□公共料金の情報公開に関する意識調査II(PDF形式)
公表日:平成15年2月7日 調査期間:平成14年12月
□公共料金の情報公開に関する意識調査(PDF形式)
公表日:平成14年10月15日 調査期間:平成14年9月
□消費者問題におけるaDR(裁判外の紛争解決)に関する意識調査(PDF形式・204KB)
公表日:平成14年8月19日 調査期間:平成14年5月
□省資源・省エネルギーと国民生活に関する意識調査
公表日:平成14年8月13日 調査期間:平成14年5月
□食品表示に関する意識調査(PDF形式)
公表日:平成14年7月29日 調査期間:平成14年5月
□サービス分野の高コスト構造に関する意識調査(PDF形式)
調査期間:平成14年3月
□企業の社会的役割と情報開示のあり方に関する意識調査(PDF形式)
調査期間:平成13年9月
□消費者契約法の認知度に関する意識調査(PDF形式)
調査期間:平成13年7月
国民生活モニターとは?
国民生活モニター制度
 少子高齢化、高度情報化の進展に伴う産業構造の変化、国民意識・価値観の変化等、経済社会が変化する中で、長期的展望に立った国民生活政策の新しい展開が求められており、とりわけ、消費者・生活者を重視する社会の実現が重要な課題になっています。国民生活政策を効果的に実施するためには・・・

■消費者の購買態度や意識の把握
■国民生活行政に対する意見の把握
■いろいろな商品等の価格や各種サービス料金の実態の把握
■政府等からの正確な情報の提供

・・・などが整合を保ちながら、一体となって行われることが重要となります。
このような趣旨に沿って昭和48年から平成21年まで年4回程度実施されました。

国民生活モニターの業務内容
以下のようなものになります。

●消費者の購買態度や意識などについて報告
●生活関連物資など価格変動の家計への影響等についての報告
●国民生活行政等に関する意見の提出

 国民生活モニターからの調査報告やご意見が、国民生活行政の推進に資するものとなっています。


調査について
 国民生活モニターには、法律に基づく強制的な権限(例:立ち入り検査権限など)はありません。国民生活モニター数は全国2,000名で、任期は任命の日から翌年3月までです。




内閣府経済財政政策>国民生活モニター調査

問合せ  内閣府政策統括官(経済社会システム担当)付参事官 (総括担当)付 電話:03-3581-0783(ダイヤルイン)