内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  民間公益活動促進のための休眠預金等活用  >  社会的事業に対する資金提供実態に関する調査

社会的事業に対する資金提供実態に関する調査

調査の目的

 本調査は、我が国において社会的事業に対する資金提供実態が十分に把握されていない状況にあることを踏まえ、その実態を明らかにすることを目的に実施しました。 その方法として、助成、貸付け又は出資等による資金提供を実施している団体を対象に、社会的事業に対する資金提供の実施有無や実施内容等について調査しました。
 報告書では、調査結果を基に資金提供規模の把握を試みたほか、資金提供手法別の特徴をまとめています。
 また、事例集では、社会的課題の解決といった社会的成果の創出を意図した資金提供を行う団体の取組をまとめています。

 ※ 今後、同様の目的で調査の実施を検討しますので、社会的事業への資金提供に関し特色ある取組がありましたら、下記お問合わせフォームからお知らせくださ
      い(自薦・他薦を問いません)。
 ※ 本報告書は内閣府委託調査「我が国の民間公益活動に対する資金提供実態に関する調査」の調査成果です。

報告書

問合せ先

 本調査に関するお問合わせ等は、下記のお問合せフォームからお送りください。
 その際には、御質問欄に、「社会的事業に対する資金提供実態に関する調査」の件であることを明記してください。

  休眠預金等活用担当室  担当:奥村、片貝
  お問合せフォーム

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)