内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.1191

今週の指標 No.1191 格安航空会社(LCC)とクルーズ船が地方観光にもたらす効果

ポイント

2018年2月14日

  1. 我が国において観光は成長戦略加速や消費活性化の目玉の一つと位置付けられており、「明日の日本を支える観光ビジョン」では2020年までに訪日外国人旅行者数4,000万人、訪日外国人旅行消費額8兆円などの目標が掲げられている。以下では、便数・寄港回数の増加で近年特に注目を浴びている格安航空会社(LCC)(注1)とクルーズ船の動向について概観する。

  2. まず航空路線について、我が国の国際線における旅客数は着実に増加している。なかでもLCCを利用した旅客数は特に顕著な伸びを見せており、国際線全体に占める割合は2016年には2割近くにまでに達している(図表1)。

  3. 足下の状況を2016年の空港別就航便数でみると、FSA(注2)を含めた総就航便数は成田国際空港が最も多いものの、LCC就航便数に限ると関西国際空港が最も多い。2015年から2016年にかけてLCC就航便数は全体で1万便以上増加し、伸び率は約30%である。また、新規で就航した空港も地方空港を中心に多数みられ、LCC就航空港数は、2015年は13空港であったが2016年には21空港に増加している(図表2)。

  4. こうした地方空港の中には、近隣の大都市(注3)に対する代替的なゲートウェイ機能を果たすものもあるが、入国した訪日外国人旅行客のうち少なからぬ割合がすぐに大都市に向かうのではなく、まず周辺府県に立ち寄るものがある(図表3)。例えば熊本空港では、40.3%の入国者が最初の訪問地として熊本県内若しくは福岡県等の大都市ではなく、周辺の大分県や鹿児島県等を選んでいる。同様に青森空港、佐賀空港でも四分の一程度の入国者が周辺府県を最初に訪れており、小松空港、富山空港でもその割合は15%を超えている。このようにいくつかの地方空港については、そこから入国する訪日外国人の訪問先が自県や大都市以外に多様化する傾向があり、インバウンド需要をより多くの地域に取り込む上で一定の役割を果たしていると考えられる。また、入国者の大部分がそのまま大都市に向かうような空港についても、自県や周辺府県の魅力を積極的に訴えることにより、訪日外国人旅行客を惹きつける余地が大きい。今後LCCをはじめとした地方空港への就航の動きが更に進めば、そうした訪問地の多様化効果が拡大していくことが期待できる。

  5. クルーズ船について、近年の寄港回数の推移をみると、日本船社は2013年に628回を記録して以降ほぼ横ばいで推移しているのに対し、外国船社は2013年の373回から大きく増加し、2016年には1,443回を記録している(図表4)。総寄港回数に対する外国船社の寄港回数の割合も2013年は37.3%にとどまっていたものの、2016年には71.5%と大幅に増加し、日本船社の割合を大きく上回っている。これは、クルーズ船寄港地としての我が国の魅力が、広く世界に認識されつつあることを示している。

  6. しかし、寄港回数の上位3県である沖縄県、福岡県、長崎県の合計が全国に占める割合は2015年が45.6%、2016年には49.4%と上昇しており、寄港回数のこれら3県への偏りが大きくなっている(図表5)。平成29年7月に横浜港や清水港等が国際旅客船形成拠点港湾に指定され、港湾管理者と連携するクルーズ船社が岸壁の優先的な使用、クルーズ船社による旅客ターミナルビルの整備等に関する協定を締結するなど、国際クルーズ拠点の運用開始に向け、必要な取組を進めていくこととなっている。こうした取り組みを契機に、これら3県以外でもクルーズ船の寄港回数が増加することが期待される。

  7. このように、地方空港へのLCCの新規就航や、各地の港湾へのクルーズ船の寄港増は、外国人をこれまで訪問が少なかった地域に誘導する効果を持つと考えられる。今後も空港ターミナルの整備やクルーズ船マッチングサービスの提供などLCCやクルーズ船に関する様々な取組を着実に進め、インバウンド需要の各地域への一層の浸透を図ることが重要である。

(注1)Low Cost Carrierの略。低コストかつ高頻度の運航を行うことで、低運賃の航空サービスを実現する新たなビジネスモデルを採用した航空会社。
(注2)Full Service Airlineの略。格安航空会社(LCC)に対し、機内食の無料提供など従来どおりの付帯サービスを完備する航空会社。
(注3)ここでは人口百万人以上の都市を含む都道府県とし、東京都・神奈川県・大阪府・愛知県・北海道・福岡県・兵庫県・京都府・埼玉県・広島県・宮城県を指すものとする。


図1 図2 図3 図4 図5



問合せ先
担当:参事官(経済財政分析-地域担当)付
新垣 秀茂 直通:03-6257-1576

本レポートの内容や意見は執筆者個人のものであり、必ずしも内閣府の見解を示すものではない。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)