今週の指標 No.850 目次   前へ   次へ 2007年12月10日

ガソリン・灯油価格の上昇が地域の消費に与える影響 

<ポイント>

    原油価格の高騰により、各地でガソリン・灯油の値上がりが加速している。以下では冬季期間(12−2月)において、ガソリン・灯油の値上げが地域の消費支出にどれほどの影響を与えるかを試算してみる。

  1. 06年の家計調査報告によると、一世帯当たりでガソリンと灯油をあわせた年間消費額は、平均で全支出の2.6%となっている。北海道、東北、北陸のなどの寒冷地では灯油への支出割合が高く、関東、近畿の大都市圏ではガソリンの支出割合が低いといった特徴がみられる(図1)。また、ガソリン、灯油価格の推移をみてみると、全国平均では昨年11月に比べてガソリンは13円、灯油は18リットル当たりで180円上昇している(図2−(1)、(2))。
  2. ここで、ガソリン・灯油価格の上昇が、冬季期間(12−2月)において家計に与える影響を試算する。ガソリンの値上げによる負担額について、現在の価格(07年11月価格)で昨年と同じ量を使用した場合の負担増額を計算すると、最も負担額の多い北陸では3,840円(1か月当たり1,280円)の増額となった(図−3)。
  3. 同様に、灯油においても値上げによる負担額を試算してみる。灯油の使用量は気温によって大きく変わるため、一昨年の厳冬、昨年の暖冬の時の灯油使用量に現在の価格を掛け合わせ、昨年の支出と比較した(図−4(1)、(2))。暖冬、厳冬の違いにより、ほとんどの地域で負担額が2倍以上も変わってくる。
  4. 景気ウォッチャー調査では、ガソリン・灯油価格の上昇が消費者マインドを低下させているといったコメントがこのところ数多くみられる。マインドの低下が実際の消費行動に影響するかどうか、注視が必要である。

【図1】家計に占めるガソリンと灯油の支出割合
【図2】ガソリン・灯油価格
【図3】ガソリンの値上げによる負担額
【図4】灯油の値上げによる負担額

(備考)
・図1〜5 石油情報センターHP、総務省「家計調査報告年報(06年)、月報」より作成。
・文章中にでてくる景気ウォッチャーは内閣府公表のもの。タクシードライバーや居酒屋の店主などに直接話しを聞き集計を取り、「街角の景況感」とも呼ばれている。

担当:参事官(経済財政分析-地域担当)付 柿沼 仁 直通:03-3581-1392

本レポートの内容や意見は執筆者個人のものであり、必ずしも内閣府の見解を示すものではない。

目次 前へ   次へ