今週の指標 No.524 目次   前へ 次へ 2004年5月6日


企業の設備投資と資金需要の動向
〜企業の設備投資や資金需要は増加する傾向〜
  1.  全国企業短期経済観測調査によれば、03年度の設備投資(全規模・全産業)については、最近の他の年度と比べ、年度途中の設備投資計画の上方修正の幅が大きくなるとともに、年度を通じて上方修正が継続した(図1-1)。規模別で見ても、すべての規模において、年度当初計画より設備投資計画を上方修正している(図1-2)。また、その他の各種調査においても、年度中の上方修正が行われている(表2)。
     今後についても、民間33機関の経済見通しにおいて、04年度は、民間設備投資は力強さが続くとされている(表3)。
  2.  こうした中、企業の資金需要動向を見ると、最近では、概ね改善傾向にあり、その見通しも改善してきている(図4)。
  3.  資金需要判断D.I.と民間企業設備(SNA)は、概ね連動した動きを示しており(図5)、設備投資の増加傾向に鑑みれば、今後、企業の資金需要は拡大すると見込まれる。
  4.  金融機関側の貸出態度も、貸出運営スタンスD.I.の動向を見ると、積極的な姿勢に転じていくと考えられる(図6)。


(図1-1)設備投資の予測修正パターン(全規模・全産業)、(図1-2)設備投資の予測修正パターン(規模別)

(表2)各種調査における設備投資計画の修正率

(表3)民間機関による04年度の経済見通し(集計)

(図4)企業の資金需要動向

(図5)資金需要判断D.I.と民間企業設備の動向

(図6)金融機関の貸出運営スタンスD.I.の動向


担当:企画・経済対策担当参事官付 政策企画専門職 清瀬 一浩

(直通 03-3581-0947)


目次   前へ 次へ