今週の指標 No.497 目次   前へ 次へ 2004年2月9日


自動車の輸出とともにこのところ生産が好調な中国地方
<ポイント>
  1. 中国地方(鳥取、島根、岡山、広島、山口の5県)からの輸出は、日本の輸出全体を上回る増加率で増加を続けている(図1)。内訳をみると、自動車(部品を含む)の寄与が一貫して大きいことが分かる(図2)。
  2. これを国別でみると(図3)、02年に好調だった米国への輸出は減少傾向にあるものの、EU、アジア向けは増加傾向にある。
  3. 鉱工業生産全体をみても、中国地方は全国の水準を上回って推移しており(図4)、特に自動車の生産はこのところ増加が続いている。これは、輸出を含めた自動車生産の増加が鉱工業生産全体の増加に寄与しているものと考えられる。


図1 輸出全体を上回る増加率で増加した中国地方からの輸出額 図2 中国地方の輸出額の増加は自動車の寄与が大きい 図3 EU・アジア向けが増加傾向にある中国地方の自動車輸出 図4 このところ自動車生産の増加が顕著な中国地方の生産

(備考)
  1. 財務省及び神戸税関「貿易統計」、経済産業省及び中国経済産業局「鉱工業生産動向」により作成。
  2. 自動車は自動車部品を含む。
  3. 図1、2は原数値の前年同期比。また、中国地方は全て速報値。


担当:参事官(地域・産業担当)付 小野 哲郎 直通 03-3581-0818


目次   前へ 次へ