今週の指標 No.472 目次   前へ 次へ 2003年10月20日

低調に推移する公共投資

<ポイント>
  1. 公共投資関係指標の動きをみると、2003年度も低調に推移している(図1)。
  2. 公共工事請負金額は、単月では、14年6月以来16ヶ月連続の前年比マイナス、年度では1999年度以来4年連続で前年を下回っている(図2)。
  3. 2003年度の公共投資は、公共工事請負金額も9月時点の累計で前年比10.2%の減となっており、国、地方の予算状況(図3)を踏まえると、引き続き低調に推移すると見込まれる。



図1  公共投資関係指標の推移(後方3ヶ月移動平均、前年比)
図1  公共投資関係指標の推移(後方3ヶ月移動平均、前年比)


図2 公共工事請負金額の推移
図2 公共工事請負金額の推移


図3 国・地方の予算の状況
図3 国・地方の予算の状況
  (備考)
  1. 国土交通省「建設工事受注動態統計」、北海道、東日本、西日本三保証株式会社「公共工事前払金保証統計」、財務省、総務省資料により作成。
  2. 建設工事受注額は、2000年4月に開始された統計であるため、後方3ヶ月移動平均の値は2001年6月から。
  3. 図3の国の公共投資関連予算は、公共事業関係費+その他施設費+NTT株売払収入活用事業に要する資金。地方の総務省調査は、都道府県、政令指定都市の合計。
  4. 図3の国の予算現額の03年度は、過去3年度間の執行率の平均を用いて推計。



担当:参事官(景気判断・政策分析総括担当)付 鈴木 木綿子 03-3581-9527(直)


目次   前へ 次へ