今週の指標 No.436 目次   前へ 次へ 2003年6月2日


急増する「外国語会話教室」売上高

<ポイント>
  1. 特定サービス産業動態統計によれば、「外国語会話教室」の売上高・新規入学生数が平成14年度末から急増した(図1)。
  2. 厚生労働省の調べによると、教育訓練給付の支給件数も平成14年度末から急増した(図2)。これは教育訓練給付制度の見直しを含む改正雇用保険法が5月1日から施行され、雇用保険から支給される教育訓練給付金の給付額の上限が三十万円から二十万円に、給付率が八割から四割にそれぞれ引き下げられることになったことから、それに先んじて駆け込み需要が生じたためとみられる(表1)。
  3. 外国語教育関連の支給は教育訓練給付制度の給付件数の約14%を占めており(図3)、「外国語会話教室」の売上の急増も教育訓練給付制度の改正に伴うものとみられる。5月以降の「外国語会話教室」の売上は、教育訓練給付件数と共に反動減が見込まれる。


図1 外国語会話教室の推移
図2 教育訓練給付制度 支給件数の推移  表1 教育訓練制度の変更の概要
図3 訓練内容別教育訓練給付状況(平成13年度)


担当:参事官(景気判断・政策分析総括担当)付 五十棲 浩二 直通03-3581-0806


目次   前へ 次へ