今週の指標 No.413 目次   前へ 次へ 2003年3月17日

緩やかに増加する輸入

<ポイント>

  1. 日本の輸入金額は生産財の輸入に大きく影響を受け、輸入と生産は相関関係にあるが、このところ生産が弱含んでいるのに対し、輸入は増加を続けている(図1)。
  2. この背景には(1)原子力発電所の停止等により鉱物性燃料(生産財に含まれる)の輸入数量が増加したこと、イラク情勢の緊迫化により原油価格が上昇した結果、鉱物性燃料の輸入金額が増加していること(図2)、(2)アジア、特に中国からの輸入が趨勢的に増加していることなどがある(図3、図4)。

図1 財別輸入金額と鉱工業生産指数の推移  図2 輸入金額3ヶ月移動平均3ヶ月前比の要因分解 図3 地域別輸入金額の推移 図4 アジア地域別輸入金額の推移

担当:参事官(景気判断・政策分析総括担当)付 松見 寛 直通03-3581-9527

目次   前へ 次へ