今週の指標 No.383 目次   前へ 次へ 2002年10月28日

マレイシア:中国向け輸出が急増

<ポイント>

  1. マレイシアの中国向け輸出は、2001年後半以降急速に増加している。輸出全体が10.4%減少した2001年も、中国向け輸出は26%増加し、この伸びはASEAN4カ国の中でも突出したものとなっている(図1)。
  2. マレイシアの輸出に占める中国向けのシェアは、2000年には3%であったものが2002年には5%程度に高まっている(図2)。
  3. 政府は、中国のWTO加盟を市場拡大のチャンスととらえ、積極的に両国間の貿易・投資を促進していく方針を打ち出している。中国は繊維や機械など加工組立分野で世界輸出に大きなシェアを占めているが、近年マレイシアと競合するIT関連輸出でもシェアを拡大させている。マレイシアでは製造業の高付加価値化など競争力を強化するための政策が求められている(図3、4)。

図1.相手先別輸出の動き 図2.相手先別輸出額シェアの推移
図3.世界輸出に占めるシェア(2001年) 図4.電子・電気関連製品輸出

(出所)各国統計、IMF『Direction of Trade Statistics』、WTO『International Trade Statistics2002』
(注) 「ASEAN4」は、インドネシア、タイ、マレイシア、フィリピン、「その他東アジア」は、韓国、台湾及びASEAN。

担当:参事官(海外経済担当)付 藤沢 恵  直通 03-3581-9537

目次   前へ 次へ