今週の指標 No.341 目次   前へ 次へ 2002年5月13日

回復の兆しが見え始めたタイの輸出

<ポイント>

  1.  タイの輸出は、世界経済の減速を背景に2001年は減少が続いていたが、2002年に入って数量ベースでは増加に転じており、近く輸出額も増加するものとみられる。輸出の内訳を品目別にみると、IT関連製品の減少幅縮小が顕著となっている。
  2.  3月の生産をみると、輸出比率60%以上の品目(テレビ、IC、錫、缶詰食品など)が2000年12月以来15ヶ月ぶりに前年比増加となった。
  3.  99年以降輸出が主要な牽引役となって成長を続けてきたタイでは、2001年は輸出の不振により低成長に陥った。主要輸出先であるアメリカなどの景気回復により、今後輸出の増加が見込まれ、景気を牽引することが期待される。

図 輸出指数

図 製造業生産

図 実質GDP成長率と輸出数量増加率

(出所)タイNESDB、タイ中央銀行ホームページ

担当:参事官(海外経済担当)付 藤沢 恵 直通03-3581-9537

目次   前へ 次へ