今週の指標 No.257 目次   前へ 次へ 2001年5月14日

家電リサイクル法施行前の駆け込み需要における購買行動

<ポイント>

  1. 本年4月からの家電リサイクル法施行に際し、同法の対象となる4品目(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン)において施行前の駆け込み需要によるものとみられる急激な販売額の増加が生じた(図1)。

  2. 対象4品目の販売額を販売台数で除した平均販売価格の伸び率でみると、昨年末までは緩やかな価格低下傾向にあったが、エアコン以外の3品目においては、販売額が増加し始めた本年初から価格が大幅に上昇した(図2)。

  3. 一方、同時期の消費者物価指数の動きをみると、年初以降もそれまでの価格低下傾向に変化はみられない(図3)。

  4. このことから、年初からの家電リサイクル法施行前の駆け込み需要の中で、特に冷蔵庫と洗濯機において、消費者の購買意欲は、比較的高額な、大型・高機能の製品に向かっていたと考えられる。

図1 品目別販売額前年比

図2 平均販売価格前年比

図3 消費者物価指数(全国)前年比

担当:参事官(景気判断・政策分析総括担当)付 塩川智宏 直通03-3581-9516

目次   前へ 次へ