今週の指標 NO.241 目次   前へ 次へ 2001年3月12日

アメリカ:消費者信頼感の低下

<ポイント>

  1. 2月の消費者信頼感指数は106.8と5ヶ月連続で計35.7ポイント低下し、1996年以来の低水準となった。(図1)

  2. この間の低下の要因をみると、将来のビジネス環境、雇用状況に対する見方が厳しくなっていることが大きい。また、将来の所得についても、今年に入ってからは慎重な見方になっていることがうかがえる。(図2)


図1 消費者信頼感指数

図2 消費者信頼感指数の変動要因(9月を基準に累積)

担当 参事官(海外経済担当)付 藤間世津子 03-3581-9536

目次   前へ 次へ