今週の指標 No.233 目次   前へ 次へ 2001年2月13日

安定的成長が続くフィリピン経済

<ポイント>

  1. フィリピンの2000年の実質GDP成長率は前年比3.9%(暫定値)となった。生産部門別にみると、農業部門が前年に続き天候に恵まれて好調に推移しているほかサービス部門も好調を維持し、工業部門の回復と相俟って各部門がバランス良く安定的に成長した(図1)。

  2. フィリピンの株価と為替レートは、大統領の弾劾裁判を巡る騒動など政治的混乱を受けて低迷していたが、大統領の退陣による政権交代に伴い回復を示している(図2)。


図1 実質GDP成長率の推移

フィリピンの株価指数と為替レート

(出所)フィリピン国家経済開発庁“National Economic Indicators”、Data Stream

   

担当:参事官(海外経済担当)付 古川 茂樹 03-3581-9537

目次   前へ 次へ