内閣府ホーム  > 内閣府の政策  > 経済財政政策  > 月例経済報告関係資料  > 月例経済報告等に関する関係閣僚会議  > 配布資料(平成14年4月10日)

月例経済報告等に関する関係閣僚会議配布資料

(平成14年4月10日)


概 観 <わが国経済の基調判断> <政策の基本的態度>

1.アメリカ:景気は回復の動きがみられる

2.主要国の住宅価格の推移、主要国の住宅着工の推移

3.中国:1978年改革・開放以降、平均9.4%成長

4.中国:2002年に入って生産は持ち直し

5.ヨーロッパ:景気は低迷しているものの、生産は下げ止まり

6.業況判断:厳しい状態が続いているが、大企業においては下げ止まりの兆しがみられる。

7.経常利益前期比(日銀短観と法人季報)

8.機械受注と工作機械受注、設備投資と資本財出荷

9.景気ウォッチャー調査

10.休日の長期化・分散化の経済効果

11.2002年W杯サッカーの経済効果

12.鉱工業生産・出荷・在庫・在庫率の推移

13.製造工業生産予測指数の実現率の推移

14.失業率推移:2月は横ばい

15.日銀短観・雇用人員判断DIの推移

16.物価の推移、消費者物価 財・サービス別の推移

17.石油、鉱物性燃料価格が20%上昇した場合の影響

18.株価指数の推移、業種別株価指数の推移

19.投資主体別売買動向

*プリントアウトされる時は、用紙をA4横に設定して下さい