内閣府ホーム  > 内閣府の政策  > 経済財政政策  > 月例経済報告関係資料  > 月例経済報告等に関する関係閣僚会議  > 配布資料(平成14年3月14日)

月例経済報告等に関する関係閣僚会議配布資料

(平成14年3月14日)


概 観 <わが国経済の基調判断> <政策の基本的態度>

1.アメリカ:実質GDP成長率の実績と見通し

2.アメリカ:消費の強さを支える要因

3.アメリカ:個人貯蓄率

4.ヨーロッパ:景気は一段と減速している

5.アジア:製造業を中心に回復への動きが見られる 1)アジアNIEs

6.アジア:製造業を中心に回復への動きが見られる 2)ASEAN

7.世界の景気先行指数:改善の動き

8.CI(コンポジット・インデックス)

9.実質GDP需要項目別の動き

10.輸出

11.輸入

12.鉱工業生産・出荷・在庫・在庫率の推移

13.財・サービスの推移、小売販売

14.設備投資と機械受注、設備投資と資本財出荷

15.失業率推移、求職理由別失業者数

16.労働力調査の動向

17.消費者物価、国内卸売物価

18.為替レートの推移

19.株価指数の推移、業種別株価指数の推移

20.経済動向・分析検討チームの見方

*プリントアウトされる時は、用紙をA4横に設定して下さい