内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  経済財政政策  >  白書等(経済財政白書、世界経済の潮流等)  >  日本経済2012-2013  >  第3章 生産の海外シフトと雇用

[目次]  [戻る]  [次へ]

第3章 生産の海外シフトと雇用

リーマンショック後の円高基調の継続、東日本大震災後に生じたさらなる円高や生産拠点分散化の要請、電力料金の上昇などを背景として、製造業の海外生産移転に伴う日本経済の「空洞化」を懸念する声が多い。そこで、本章では、企業の海外生産移転について採り上げる。まず、海外生産移転の状況を明らかにし、「空洞化」の現状を確認する。次に、海外生産移転が生じている要因を検討する。最後に、海外生産移転に伴って、産業構造や雇用・賃金構造の調整が実際にどのように行われているのかを分析する。

[目次]  [戻る]  [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)