内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  政府経済見通し  >  過去の政府経済見通し  >  平成13年度経済見通しの見直し試算(内閣府試算)について

平成13年度経済見通しの見直し試算(内閣府試算)について

平成13年11月9日

内閣府

1.見直しの考え方

  •  世界経済は、IT関連産業の業況悪化を契機とする米国経済の減速の影響を受けて、今年に入ってから減速しはじめ、さらにその先行きについても、米国同時多発テロ事件の発生等により不透明感が強まっている。こうした中、我が国経済については、平成13年度経済見通し(実質1.7%程度)の達成は困難な状況にある。
  •  政府は、今般、「改革先行プログラム」及び同プログラム等にかかる平成13年度補正予算案を決定した。内閣府としては、これらを踏まえた当面の経済の姿を、試算として公表する。

2.主な見直しの内容

  •  「改革先行プログラム」の実施による雇用創出効果などが見込めるものの、世界経済の減速から輸出が減少し、国内の生産、設備投資へ波及し、外需及び民需が大幅に落ち込む。また、消費はプラスであるものの伸びは鈍化する。

計数表

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)