内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム >  内閣府の政策 >  経済財政政策 >  経済財政諮問会議 >  経済財政諮問会議(平成13年~平成21年) >  諮問会議情報 >  平成21年会議結果 >  与謝野大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

与謝野大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

第18回会議(平成21年6月23日)

与謝野大臣

(1) 「基本方針2009」及び「中期プログラム」(一部改正)について

 与謝野馨です。本日、本年第18回目の経済財政諮問会議が開催されました。

 概要を申し上げます。

 本日は「基本方針2009」の諮問答申を行うとともに、「中期プログラム」の一部改正の取りまとめをしました。

 基本方針の名称につきましては、前回申し上げたとおり、「経済財政改革の基本方針2009 ~安心・活力・責任~」としました。

 総理からは、

  • 経済危機、社会危機の克服には、安心社会の実現、成長力の強化、財政の健全化に同時に取り組んでいく必要がある。「基本方針2009」は、この「安心・活力・責任」を実現するための道筋を示すものであり、今後本方針に基づき経済財政運営を進めたい。この第一歩として、私の指示した最優先課題を初め、本方針に沿った予算編成を行うため、与謝野大臣には22年度予算の概算要求基準を、来週中を目途にまとめてほしい

との御発言、御指示があって、会議は終了いたしました。

(以 上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)