内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム >  内閣府の政策 >  経済財政政策 >  経済財政諮問会議 >  経済財政諮問会議(平成13年~平成21年) >  諮問会議情報 >  平成20年会議結果 >  与謝野大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

与謝野大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

第31回会議(平成20年12月26日)

与謝野大臣

(1) 「中期プログラム」について

(2) 平成21年度予算案について

(3) 「経済財政の中長期方針と10年展望(仮称)」(素案)について

 与謝野馨です。本日、本年第31回目の経済財政諮問会議が開催されました。

 第1の議題では、24日に閣議決定された「中期プログラム」について報告しました。

 第2の議題では、中川議員から、平成21年度予算案について御報告がありました。

 第3の議題では、「経済財政の中長期方針と10年展望(仮称)」の素案について議論をしました。

 「10年展望」については、本日の議論を踏まえ、また各省庁とも調整を進め、次回の諮問会議で、財政健全化部分を含めまして原案全体をお示ししたいと思っています。

 また、マクロ経済と財政の試算につきましては、暫定的な作業経過を事務方から報告しました。これは暫定的なものであり、今後追加的に反映されるデータも含めて精査をし、次回の諮問会議で御報告することとなりました。

 民間議員からの御意見を紹介します。

  • 2011年度までにプライマリー・バランスを回復させるのは不可能である一方で、これを努力目標として置いておく必要があるのか。世界経済の激変によるものであるから、この目標を変えても問題ではない。しかし、財政規律は緩めてはならず、なるべく早くPBを回復させる必要がある。2011年PB黒字化という目標と、歳出削減のスケジュールは2つに切り分けて考えるべきである。財政規律は財政規律として明確化させるべきである。
  • 別の民間議員からは、「骨太2006」には弾力条項がある。別表の歳出削減目標は堅持するが、対外経済活動が急変したために、歳入面でマイナスが出てきたのだから、基礎的財政収支で2011年黒字化にこだわる必要はない。通常の景気後退は1年で終わるけれども、クレジットクランチ+住宅バブルという2つの要因が重なった景気後退は、もっと長引くというIMFの研究もあり、経済運営に関しては下方リスクに十分留意すべきである。
  • 他の民間議員からは、成長政策で大事なのは、具体的かつ重点的プロジェクトの前倒し実施である。ものづくり立国の強さを発展させるインフラ、地方活性化、食料、林業、雇用などが重要である。省庁の壁にとらわれず横断的にやってほしい。まずプロジェクトの選定基準を決めたらどうか。
  • 別の議員からは、中長期的な経済では、この分野は世界最高であるという分野をつくったらどうか。
  • 別の民間議員からは、財政は当分厳しい。そうであるとすると、財政の中身の見直しが必要である。

 本日の「経済財政の中長期方針と10年展望」についての議論は、粗々の議論であり、年が明けてから素案を素に、もう一度議論をしたいと考えています。

(以 上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)