内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム >  内閣府の政策 >  経済財政政策 >  経済財政諮問会議 >  経済財政諮問会議(平成13年~平成21年) >  諮問会議情報 >  平成20年会議結果 >  与謝野大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

与謝野大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

第27回会議(平成20年12月3日)

与謝野大臣

(1) 中期プログラム集中審議(第3回-社会保障の機能強化及び税制抜本改革の進め方)

(2) 農業改革について

(3) 平成21年度予算編成の基本方針等について

 与謝野馨です。本日、今年第27回目の経済財政諮問会議が開催されました。

 第1の議題は「中期プログラム」で、第3回目の審議を行いました。今回は、社会保障の機能強化の工程表について、また景気の局面と税制抜本改革の進め方について議論を行いました。景気局面と税制抜本改革の進め方については、準備と実行に関する原則を含めて、大筋の合意ができました。

 総理からは、次のような御発言がありました。

  • 「短期は大胆、中期は責任」を基本とした経済財政運営を揺るぎなく進めていく。中期プログラムは、責任の中核中の中核。社会保障の中福祉・低負担は続けられないのは明らかであり、当面の景気対策と並んで、将来を見据えた対応についてもしっかり取り組んでいく。準備と実行に関する原則を含め、本日の議論を「中期プログラム」にしっかりと反映させてほしい。

 第2の議題では、石破臨時議員に御出席いただき、農業改革について議論しました。

 食料自給率50%を目指すために、農地改革や企業型経営の拡大を取り入れた政策を実行するための工程表の早期策定が重要との意見が多く出されました。

 総理からは、次のような御発言がありました。

  • 食料自給率50%への工程表については、関係省と協力しながら産業政策、安全保障政策、地域政策の3つを同時に追求するような大胆な支援策、制度改革を盛り込んだ大きなパッケージをまとめてほしい。ついては、諮問会議でも来年から早々議論を始めてほしい。

  第3の議題としては、平成21年度予算編成の基本方針について、諮問・答申を行いましたが、それに先立ちまして白川議員から、昨日の日本銀行の政策決定の内容についての御説明がありました。

 総理からは、次のような御発言がありました。

  • 平成21年度概算要求基準を維持しつつ、経済情勢を踏まえ、状況に応じて果断な対応を機動的かつ弾力的に行うこととしている。早急に基本方針を閣議決定し、これに基づき、政府を挙げて「生活防衛予算」を編成してまいりたい。

 なお、本日、諮問会議終了後、直ちに臨時閣議を開き、この基本方針を閣議決定しました。

(以 上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)